スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

水島 我再第n^1000000000次詛咒你祖宗十八代!!!!!!!!!!

2008年05月04日 17:12

其實 不是什麼新的東東 = =b 只是我一直沒去挖而已..... 內容基本也聽過的東西了 水島說L君真的死了? 這個人一時一句那 = = 但是 我相信他在TAF裡說的..... 總不會對live觀眾這樣說謊吧 = =b 還有就是lockoff的事和第5回在墓地的哪個才是L君 (我猜是躲在樹後的那個) 還有就是三為一體和L君的haro的關係 天人的最終真正目的 tie到底是什麼之類的 都會在二期披露 (就是什麼都沒有說 = =)

最炸的.... 看下去吧............ = =

-では、ロックオンは本当に死んじゃったんですか?
水島:残念ながら。

-本当に!?だって、すごい人気で、ファンのみんな、号泣してますよ。あの23話には!
水島:それは有難い話だけど、それとこれとは話は別だよ

-チッ…。墓地で見た「もうひとりのロックオン」は誰だったんでしょう?
水島:まぁ、あのシーンはどっちがロックオンだったのかという噂もでているようですが それも含めて…

-ロックオンのハロは、ネーナの持っていたハロとルーツは同じなんですか?80年前の
回想でも出てきてるってことは、ハロはいつ誰が作ったんだ?
水島:80年前の回想で見つけた木星探査船、あそこにあったのが最初のハロかどうかもわからないので、なんともいえないところだね。もっとずっと前からあったかもしれないし。ただ、少なくともCBにはいっぱいあったということじゃないかな。トレミーにいるのはオレンジを「お兄様」「兄者」などと予備、そのオレンジが紫を「兄さん」と呼ぶのだから、この紫がこの中では一番古いのかなという気はしますけどね…この辺もセカンドで明かされるかもしれないので

-ハレルヤが死んだら、憂鬱なアレルヤだけ残ってしまうのですか

水島:そうです。

水島!!!!!!!!!!!!

我要詛咒你祖宗十八代!!!!!!!!!!!!

哭了 真的哭了 25回那兩星期以後再一次哭了

其實這訪問其他的部分也有見過的 就這裡是第一次看到............

雖然也有想過halle樣真的不會再回來 但看完二期才發現總比這樣一個炸彈掉下來的好!!!

難道我想平平穩穩的過這半年也不行嗎!!!!!!!!!!!!

殘忍.... 這世界太殘忍了....... 不是對我 是對溫柔的alle太殘酷了......... 戰友生死不明 一直保護自己的另一半halle樣也走了 知道自己要和以往的朋友敵對 還被敵人抓住了..... 如果他們敢用刑 如果alle少了一條毛的話我一定不會放過水!!!!!!!

-ティエリアは人間なんですか?
水島:ナイショです

-人間じゃないとしたら何者?
水島:ナイショです

-そういうと返ってアヤシイ
水島:ナイショです

-男なの?女なの?
水島:ナイショです。だからね。この人が何者なのかも、セカンドにかかってくる
ことなんでもうちょっと楽しみに待っててよ

-ティエリアって変わっていったじゃないですか、やっぱりヴェーダとのリンクが切られたせいですか?
水島:直接リンクが云々とは関係ないと思う。やっぱりマイスターたちとの経緯の中で少しずつ変わって いった面はあるかもしれない。

-マイスターとの関係…じゃあ、ロックオンへの思いはなんだったんです?
水島:セカンドでわかる…かも?

-スメラギさんの犯した「過去の事件とはなんだったんですか?」
水島:スメラギは戦術予報士だから、彼女が作戦を考案した中で何か大きな計算ミスがあって大量の損失や大きな事件が起きたんじゃないかな?
戦術予報士というのはこの世界ではある程度は、ポピュラーな役職なんです。カティ・マネキンもそうですからね。カティのように軍に入って活躍する人もいれば民間に近いポジションでやる人もいます。

-乙女座のグラハムもあの25話で本当に死んでしまったんですか?
水島:グラハムは、死んだよ

-でも、あの25話の仮面の男はどう見ても…
水島:グラハムは死にました

嘛 這段其實之前也看過的了 但現在再看回截圖那頭髮其實也可以說是啡色的呢...... 啡色的話.... 謠傳L君進了國聯不會是真的吧................

-「なぜ200年以上たった今、動き出した」のか?「戦争根絶なんていう無茶な目的の裏」には一体何があるのか?
水島:いや、それ自体は別に物語をリードするものではないんですよ。その謎を描くことが物語の主眼じゃない。第一期の中で明かしても良かったくらいで、セカンドのできるだけ早いうちに語ってしまおうとは思っています。刹那たちは第一期の中盤で存在意義を失ってしまうけれど、第一期の彼らはまさに「変革ための痛み」だったわけです。「その先」に進んだ世界で、どんな「再生」が待っているのか、それを為すのはマイスターであるともいえるし、そうでないともいえる。主役はあくまで刹那ですが…刹那は4年後20歳ですから、きっと身長ものびているでしょうね。

-第一期を振り返っての感想と第二期への展望をお願いします
水島:今思うと、もっと前半に詰め込む作業ができていたら、もっともっと加速感が出せたなぁとは思いますね。自分自身すこしゆっくりやりすぎたとう反省はあるんです。描こうとしている主人公像が伝わりにくいという反応は予想通りでしたが、それがダイレクトに返ってきたおかげで第二期では何を足していけばいいのか、見えてはきました。



コメント

    コメントの投稿

    (留言修改・刪除必要)
    (只允許管理者看到)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://kirabara.blog80.fc2.com/tb.php/366-3b19e2bd
    この記事へのトラックバック



    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。